【脳科学専門ネット図書館】会員募集〜ワンコインで世界中の脳科学文献を日本語要約〜

嫉妬というのは厄介な感情で、これは自分が嫉妬しても苦しいし、嫉妬されても不快なものです。

こういった嫉妬の感情は、男性のほうが女性に比べてたちが悪いという話や、とりわけ男らしさ渦巻く政治の世界は嫉妬の強さがとてつもないという話も聞くことがありますが、こういった男の持つ嫉妬の強さというのは生理学的にはどのように解釈できるのでしょうか。

今日取り上げる論文は、ヒトの共感性についてホルモンがどのような働きをするかについて調べたものをまとめた論文になります。

人の持つ大きな特徴として利他性というものがあります。これはすなわち他人のために無償で尽くすような行動ですが、こういった利他的行動を促すホルモンとして女性ホルモンの一種であるオキシトシンというものがあります。

またこの優しさホルモンであるオキシトシンを抑制するホルモンとして男性ホルモン、テストテロンというものもあります。このテストテロンというのはヒトを攻撃的にする働きがあるのですが、

はたしてオキシトシンやテストテロンを注射されると、ヒトの行動がどのように変わるのかについて調べた研究がこの論文で取り上げられています。

実験では男女の被験者に、それぞれオキシトシンやテストテロンを注入され、「最後通告ゲーム」と呼ばれる金銭ゲームを行います。

このゲームでは被験者AとBが、相手に対してお金をどれだけ与えるか、また与えられた側は受け取るか、受け取らずに相手を罰するか(相手が1万円の配分権を持っていて自分に10円しかくれなかったら、怒りますよね)を決められるようなものです。

結果を述べるとオキシトシンを注入された場合、男女ともにどちらとも気前よく分配するようになるのですが、

テストテロンを注入された場合、男性に限って、懲罰的な行動が増えたこと、つまり受け取った額が少ない場合、相手を罰する行動に出やすくなることが示されています。

男の嫉妬はしばしば自分が出し抜かれたと感じたときに生じるものですが、男の持つ強力な嫉妬、抑制された攻撃衝動というのはこのテストテロンが関係しているのかなと思いました。

参考URL:

The physiology of moral sentiments.

完全オーダーメイド!脳科学コンサルティング・リサーチはこちら!

当ブログの管理人佐藤洋平が、オーダーメイドで最新の脳科学情報について分かりやすいご説明をいたします!

脳科学について詳しく知りたいけれど時間の取れない方、講演や執筆にあたって脳科学に関する分かりやすい資料をお探しの方、英語で書かれた最新の脳科学情報を知りたいのだけれども英語論文を読み込む時間が取れない方、懇切分かりやすいご説明を致します。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事