【脳科学専門ネット図書館】会員募集〜ワンコインで世界中の脳科学文献を日本語要約〜

半側空間無視の責任領域はどこか?

視覚認知というのは実に複雑な仕組みで出来上がっており、

それゆえ視覚認知の障害である半側空間無視に関わる領域も様々です。

それゆえ半側空間無視の責任領域については実に様々なことが言われていますが、もっとも可能性が高い領域というのは果たしてどこなのでしょうか。

今日取り上げる論文は、半側空間無視患者の責任領域について厳密に検討したものになります。

一般に半側空間無視に影響する領域として右の下頭頂小葉、右下前頭回、側頭-頭頂-後頭接合部が挙げられているのですが、

この論文によると半側空間無視には相当に高い割合で半盲もしくは四分の一盲を含んでおり、過去の責任領域についての研究はこれらを純粋な半側空間無視患者と区別しなかった可能性が高いこと、

さらに半側空間無視に影響を与える領域としては視床や線条体といった皮質下領域の損傷も大きな影響を与えることが知られていますが、これらの損傷を含んだ例も多く、厳密な意味で皮質における責任領域が求められてこなかったことが述べられています。

それゆえこの研究では厳密に検査を行い、半盲症状などを含む症例を除外し、かつ皮質下損傷を含む症例を除外し、

純粋に皮質性の左半側空間無視症状を示すものだけを取り上げて、その責任領域について調べています。

調べ方としては右半球損傷にもかかわらず左半側空間無視を示さなかった対照群との損傷部位の違いを求める方法を用いています。

結果を述べると、従来半側空間無視の責任領域とされてきた右下頭頂小葉や側頭-頭頂-後頭接合部は違いとして認められず、

 

右上側頭皮質が半側空間無視に最も関連が高い領域として示されています。

上図参考URL:

何かを調べるためにはやはり対象や症状を厳密に絞り込むのが大事なのかなと思いました。

参考URL:Spatial awareness is a function of the temporal not the posterior parietal lobe.

【要旨】

私たちの現在の空間的行動と頭頂葉機能の理解は、主に人間の空間無視(脳損傷とは反対側の身体側の空間の認識の欠如)が後頭頂葉の病変と関連しているという考えに基づいている。しかし、サルでは、この障害は上側頭皮質の損傷によって引き起こされており、これはヒトとサルの種間の不可解な矛盾を示している。ここで我々は、広く受け入れられている見解に反して、サルで示されているように、上側頭皮質がヒトにおける空間無視の神経基質であることを示す。サルの脳とは異なり、人間の空間認識は、右上側頭皮質に大部分が限局されており、これは左側の同じ領域に見られる機能を彷彿させるものである。それゆえ、サルからヒトの脳への決定的な系統発生的移行においては、側頭葉から頭頂葉へのシフトではなく、以前は両側性の機能を右側に制限したたように思われる。この空間認識の左右化は、左側に言語のための精巧な表現の出現と平行している可能性がある。

コメント

要旨に挙げてあるように、サルでは人と違って右半球だけでなく両半球の右上側頭回の損傷で半側空間無視が出現するそうで、

サルからヒトに進化するにあたって、視覚認知の側性化(上側頭回の働きの右半球の偏り)が生じ、それと並行する形で左上側頭回の言語処理における側性化が生じたのではないかということも述べられています。

最近読んでいる本で、ヒトが進化するにあたって種族間の争いや種族内の生存競争だけでなく、

如何にモテるか(性淘汰)が、言語や倫理、音楽、芸術といったヒトらしさの発達に寄与したのではないかというものを読んでいるのですが興味深いです。

性選択における種の「進化」は比較的迅速に起こりうることが知られており、

これでいえば近年の人類の知能向上も説明できるのかなと思ったりしました。

興味深いです。

完全オーダーメイド!脳科学コンサルティング・リサーチはこちら!

当ブログの管理人佐藤洋平が、オーダーメイドで最新の脳科学情報について分かりやすいご説明をいたします!

脳科学について詳しく知りたいけれど時間の取れない方、講演や執筆にあたって脳科学に関する分かりやすい資料をお探しの方、英語で書かれた最新の脳科学情報を知りたいのだけれども英語論文を読み込む時間が取れない方、懇切分かりやすいご説明を致します。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事