【脳科学専門ネット図書館】会員募集〜ワンコインで世界中の脳科学文献を日本語要約〜

脳梁とはなにか?

ヒトの脳というのは大きさにしておよそこぶし2個分ですが、その全てが神経細胞本体で埋まっているわけではありません。

神経細胞というのは一般に軸索と呼ばれる長い神経繊維を持っており、これが脳の中で結構な体積を占めています。

このような神経繊維の中でも長いものは左右の脳半球をまたいでおり、これが太く束になった部分は解剖学的には脳梁という名前で呼ばれています。

建築でも梁というのは両壁をつなぐような構造になっていますが、これと似た構造になっているが由来になっています。

しかしながらこの左右の脳の橋渡しになっている脳梁というのは知性とどのように関連するのでしょうか。

脳梁と知性の関係

今日取り上げる論文は、脳梁と知性の関係について調べたものです。

実験の対象になったのは健常被験者62名(年齢:28.1±7.3歳、男性28名、女性34名)で、被験者には知能テスト(WAIS-R)を行わせ、総合知能と言語性知能、動作性知能について調べ、

またMRIを用いて脳梁の厚さを求め、知能との関係性について調べています。

結果を述べると、脳梁の厚さと知能(総合、言語、動作)の間には関連性が認められ、その中でも特に脳梁後部の厚さとの関連性が高いことが示されています。

上図参考URL:

興味深いことに知能との関連性が高いとされた脳梁後部は、しばしば知能との関連で言及される前頭前野の神経繊維ではなく、情報処理の基盤となる側頭葉や頭頂葉の神経繊維から構成されており、

知能のベースは基礎的な情報処理が左右の脳半球でスムーズになされることと関係があるのかなと思いました。

 

参考URL: Positive Correlations between Corpus Callosum Thickness and Intelligence

 

最新の学術情報をあなたへ!

脳科学コンサルティング・文献調査・レポート作成・研究相談を行います。マーケティング、製品開発、研究支援の経験豊富。納得のいくまでご相談に応じます。ご相談はこちらからどうぞ!

 

脳科学専門コンサルティング オフィスワンダリングマインド

完全オーダーメイド!脳科学コンサルティング・リサーチはこちら!

当ブログの管理人佐藤洋平が、オーダーメイドで最新の脳科学情報について分かりやすいご説明をいたします!

脳科学について詳しく知りたいけれど時間の取れない方、講演や執筆にあたって脳科学に関する分かりやすい資料をお探しの方、英語で書かれた最新の脳科学情報を知りたいのだけれども英語論文を読み込む時間が取れない方、懇切分かりやすいご説明を致します。お気軽にご相談ください。