【脳科学専門ネット図書館】会員募集〜ワンコインで世界中の脳科学文献を日本語要約〜

自閉症スペクトラム障害児の発達と多感覚情報処理の関係とは?

人間というのは生まれてから死ぬまで発達していく生き物ですが、

この発達の基礎になるのは外部の情報をどれだけ上手に取り込めるかということがあります。

見るもの、聞くもの、触るもの、様々な情報を通して脳に刺激が与えられていきますが、

私達の知覚というのは多くの場合複合的なものです。

画像つきの音楽を聞いているときとただ音楽を聞いているとき、

あるいは雑然とした盛り付けの食事を食べているときと、丁寧で美しい盛り付けがされた食事を食べているときでは感じ方が違うように

私達の脳は異なる種類の情報(視覚と聴覚、視覚と味覚)を統合して感じられるような仕組みを持っています。

このような仕組みがあるので、生後まもない乳幼児は母親の表情や声色、視線の向きなどの複合的な情報を統合して言葉を覚えていきますし、

あるいは他者の心、他者の意図というのを読み取る能力を身につけていきます。

自閉症スペクトラム障害では、しばしば言葉の発達の遅れやコミュニケーションの困難さが現れますが、一説によると自閉症スペクトラム障害では異なる種類の情報を統合することが苦手であり、

それゆえ言葉や社会性といった能力の発達が遅くなるのではないかということが考えられています。

今日取り上げる論文は、高機能自閉症スペクトラム障害児と定型発達児を対象に視覚情報と聴覚情報の統合能力を測る課題を行わせ、その時の脳波の測定を行ったものです。

結果を述べると、やはり高機能自閉症スペクトラム障害児では低年齢ほど視聴覚の情報統合が不完全で、

こういった傾向は情報が示されたごく初期の段階(100ミリ秒)の違いとして示されること、

またこの時の情報処理の仕方は定型発達と異なる仕組みでなされているのではないかということが脳波から得られたトポグラフィ図から示されています。

一つの情報に集中できるというのは、自閉症スペクトラム障害の一つの強みだと思うのですが、やはり複数の情報を取りまとめることの苦手さが、基本的な能力を獲得する上でのボトルネックになっているのかなと思いました。

参考URL:The Development of Multisensory Integration in High-Functioning Autism: High-Densit Electrical Mapping and Psychophysical Measures Reveal Impairments in the Processing of Audiovisual Inputs

【要旨】

聴覚情報と視覚情報の入力をうまく統合することは、基本的な知覚機能と社会的認知に関する高次のプロセスの両方にとって非常に重要である。自閉症スペクトラム障害(ASD)は、社会的認知の障害を特徴とし、感覚および知覚過程の異常と関連している。いくつかのグループは、ASDを持つ個人は、社会的に関連する視聴覚(AV)情報を統合する能力が損なわれていると報告しており、これがASDで観察される高次の社会的および認知障害に寄与すると示唆されている。しかしながら、聴覚および視覚入力の統合の成功はまた、非社会的刺激の検出および知覚にも影響を及ぼし、そして統合の欠如は、情報処理の初期段階を損ない、その後の高次の知覚所に影響を及ぼす可能性がある。基本的な視聴覚情報の統合の完全性を評価するために、我々は、彼らが単純な視聴覚情報の反応時間課題を遂行している間、ASD(7 - 16歳)である高機能児を対象に高密度の電極を用いて脳波測定を行った。 ASDの小児は、多感覚入力が十分促されず、これは神経統合の効果が低いことと平行していた。典型的に発達している子供と比較した場合、情報処理の違いは刺激後100ミリ秒という早さで見られ、トポグラフィ解析から、この初期の多感覚処理段階の間に異なる皮質ネットワークに頼っていたことが示唆された。
※一日一つ限定ですが、個人や非営利団体を対象に脳科学に関するご質問・調査を無料で行います。興味のある方はホームページの「お問い合わせ」ボタンからどうぞ。

完全オーダーメイド!脳科学コンサルティング・リサーチはこちら!

当ブログの管理人佐藤洋平が、オーダーメイドで最新の脳科学情報について分かりやすいご説明をいたします!

脳科学について詳しく知りたいけれど時間の取れない方、講演や執筆にあたって脳科学に関する分かりやすい資料をお探しの方、英語で書かれた最新の脳科学情報を知りたいのだけれども英語論文を読み込む時間が取れない方、懇切分かりやすいご説明を致します。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事